山田康二
山田康二

唐津

SG制覇を見据える山田康二/唐津全日本王者決定戦

{{ good_count }}

「全日本王者決定戦(開設69周年記念)」は山口剛片岡雅裕深谷知博池田浩二磯部誠上條暢嵩瓜生正義丸野一樹のGP組が出場。その中でも深谷は鳴門チャレンジカップVを飾ったばかり。当地は相性まずまずで、ここも好レースに期待が持たれたが「ウーンという感じで操縦制も全然良くない」と。パンチがないエンジンで調整に反応が出ず精彩を欠いた。賞金ランク2位でGP入りの山口はエース機候補を射止めて選手間でも高評価を得る好気配。優勝が十分狙える状況だったが6走目のエンスト時に負傷。無念の途中リタイアとなった。大きなケガではなかったのは不幸中の幸いで、大村グランプリでの激走に期待したい。

鳴門チャレンジカップの2走目に転覆の丸野は全日本王者決定戦に入っても低空飛行、2日目前半までは大敗で、鳴門の3走目からは5、6、6、6、6、6、6、6着。さすがに「このままではヤバイ」と焦るばかり。ようやく3走目に2着に食い込むと、乗りづらさも解消して普段通りの走りを披露。「僕は自分の中では一発屋だと思っている。結果を残さないと」と。当地周年は予選敗退だったが、大村グランプリは気持ちも新たに頂点を目指す。

優勝戦は6号艇だった磯部の勝利かと思われた。だが、「僕が優勝しちゃうのーと思っていたら…。油断した」と、1周2Mで深川真二に内を突かれて勝利はできなかった。次走は2022年総決算の大村グランプリ。今節の悔しさは頂上決戦で晴らしてもらいたい。

優勝した山田康は出走回数不足などでB1に降格して出世が遅れているが「ここ1年は気持ちを込めれば結果もきっちり出ている。遠藤エミさんのSGVも刺激になっています。前田将太河合佑樹と同期が活躍して、今が一番環境は整っていると思っています」と。師匠の峰竜太が実力を認める「ヤマコウ」は2023年中のSG制覇にしっかり照準を合わせている。

最後に、当地の周年は大荒れ決着が続いていたが、63周年の瓜生正義以来、久しぶりに1号艇選手の優勝で幕を閉じ、スタート無事故のシリーズでもあった。

優勝者コメント・山田康二

「展示で振り込んだのは変な波がありました。あれで緊張がほぐれました。バックはやられちゃったかなあと思ったけど、2節前の大村(1周2Mで逆転V)の展開に似ていて冷静に回れました。2周1Mは少しターンの違和感が出たけど真二さんより足は強めでした。ダイヤモンドカップは何年に1度かの大会で周年は毎年行われている。勝っておきたいタイトルでした。来年はSGを勝つ準備はできているし、(SGVは)前ほど遠くないかなあと思っている。力も付けていると思います。気持ちを切らさないようにしてSGを取りにいきたい」

優勝戦の結果はこちら 唐津12R