高田ひかる

芦屋

高田ひかるが予選トップの座を堅守

{{ good_count }}

7日間シリーズの「福岡ソフトバンクホークス杯」は、4日間の予選が終了。予選ラストの1枠1走で勝ち切れなかった高田ひかるだが、得点率トップは守ってシリーズリーダーの座に就いた。「起こしてからずっとレバーを放りながらだった」とSに課題は残しているが、道中では前に詰め寄るシーンもあるなど破壊力抜群の伸びに回り足も付けた。

4日目に連勝を飾った東本勝利が2位に浮上。石橋道友がドリーム以外をオール3連対と抜群の安定感で3位。3日目まで3位だった山田丈は4日目前半の6Rで5着と崩れたが、後半12Rでは高田を撃破して4位通過。準優進出戦の1号艇は確保した。

また、菅章哉は4日目着外2回で2位から7位まで下降。それでも伸びは抜群なままなので、1号艇で進出戦に乗るよりも面白い存在になった。

前日とのランク変動を表しています。
...2ランク以上UP
...1ランクUP
...変化なし
...1ランクダウン
...2ランク以上ダウン
エンジンパワーランキング
6超抜級 菅 章哉 高田 ひかる
5上位級 山田 丈
4中堅上位級 向所 浩二 中里 優子 武藤 綾子 冨成 謙児 前野 竜一 丸岡 正典 東本 勝利 石橋 道友 川島 圭司 大場 広孝 岡村 慶太 森永 隆 古賀 智之
3中堅級 北川 敏弘 森 竜也 安田 政彦 信濃 由行 熊本 英一 小坂 尚哉 小松 卓司 前田 健太郎 佐藤 大騎 片橋 幸貴 上條 暢嵩 蒲原 健太 森 悠稀 佐藤 悠 福山 恵里奈 中尾 優香 垂水 悠 寺田 空詩
2下位級 三宅 爾士 山口 俊英 横井 光弘 君島 秀三 川野 芽唯 吉田 祐貴 春園 功太 四宮 与寛 眞鳥 康太