宮島

地元の辻栄蔵が大逆転V!!

{{ good_count }}

真夏のGⅢ戦「第10回サッポロビール杯」は辻栄蔵の優勝で幕を閉じた。

公傷、私傷病、家事都合等で参加選手が最終的に8名も帰郷となり、追加選手を急遽5名も招集せざるを得ない超サバイバルシリーズとなった今大会。予選序盤はなかなか主力級がポイントを伸ばせず波乱ムードが漂っていたが、この流れを一気に断ち切ったのが地元のV候補・辻だった。

前検で辻が手にした44号機は「このままでは乗れない」と自らのスタイルに合わないセッティング。連日調整に汗を流すもなかなかマッチし切れなかったが、臨戦態勢が整い始めると一気に加速!3日目からは準優を含め破竹の5連勝で優勝戦絶好枠を射止めた。

その優勝戦、インからコンマ03のSを踏み込み押し切りを狙う辻だったが、1Mは前本泰和に差される。バックで辻、前本が並走となり激しい首位争いとなるが、2Mで先行する前本を鋭角差しで辻が逆転し優勝。これが通算82回目、今年は2度目で当地は19回目のVゴールを達成した。