井口佳典が力強く逃げて優勝!!

{{ good_count }}

今節初日前半に通算1000勝へリーチをかけた吉永泰弘。そこからが長い道のりだった。2度目の1枠で敗れ、最終日の前半は差し抜けたかと思いきや、2Mでまさかの振り込み。次節へ持ち越しと思われたが最終戦で2コース差しを決めて記録達成となった。

優勝戦は地元の至宝・井口佳典がインへどっかりと座った。正直なところ機力的には厳しく、ダービー審査期間締め切り間際ということでスタートが安全策になった事も仕方がなかった。それでも予選トップ通過はさすがとしか言いようがない。本番では吉永則雄が3カドへ引いたが動じることもなくスリットを攻略。力強く逃げ通算79回目、今年は4回目の優勝。

前走地戸田GⅡに続いて高額賞金を立て続けに仕留めた。クラシック出場権を手にしダービー出場も確定的。そして、チャレンジカップも視野にとらえた。秋からはGIが立て続けに入っており、今年後半戦も井口から目が離せない。