ニュース

◆【小林習之コラム】~ボートレース津のマスコットキャラクターリニューアル~

小林アナバナー


5月11日更新



GWウィーク開催も終わり、5月のGI競走は「津ツッキー王座決定戦」⇒「鳴門大渦大賞」と、弊社が実況を担当するレース場での周年記念開催なので、何か落ち着かない感じの5月になっています。ちなみに、私は14日~20日(鳴門大渦大賞前検日から最終日)、BOATRACE鳴門で実況のバックアップをするために現場待機します。今は、新型コロナ対策で、実況する審判室でなく、別の階に用意された部屋で1日過ごすことになるのですが、その間にも社長としても業務をこなすので、連日バタバタすることになりそうです。

ところで、津のマスコットキャラクター・ツッキーのデザインがリニューアルされたことはご存じでしょうか?ツッキーは初御披露目になったのは、平成5年(1993年)にコマーシャルで登場したのがスタートでした。当時、私は三重テレビのアナウンサーで、レース展望番組(津ボートレースアワー)の司会をしていました。「ツッキツッキツッキツッキ、ツッキーだ~。ツキで満腹ツッキーだ~」いう曲のフレーズが口から自然と出てくるくらい、今でも頭の中に残るほどのインパクトがありました。

今回、BOATRACE津が70周年を迎えるのを機に、令和の時代にマッチしたキャラクターデザインにチェンジしたいという思いで、ツッキー王座決定戦初日(5月9日)にファンの前に発表されました。私の第一印象は、「ふわっとした雰囲気に包まれているな~」でしたが、30年近く長きにわたり愛された旧デザインのツッキー家族(ツッキー・ツッピー・ツックン・ツーコ)が見られなくなる寂しい思いを感じました。

しかし、今だからこそ新しいことに挑戦していくことも、これから大事になってくることも確かです。徐々に、全国のボートレースファンにもツッキー家族のデザインも浸透する筈です。また、新しいデザインのキャラクターグッズ(ぬいぐるみ等)は、既にレース場内の売店で販売されていますので、ボートレース津にお越しの際は、一度立寄ってみて下さい。

なお、次回の「実況アナの穴目八目」は、ボートレース津の「ツッキー王座決定戦」優勝戦展望をお送りします。

小林アナプロフィール



□TOPへ