琵琶湖

出畑孝典が鋭い差しから競り勝って当地V4!!

{{ good_count }}

一般戦シリーズの優勝戦は曇り空ながら風も波も穏やかな絶好の水面コンディションで行われ、パワー勢による熱戦が繰り広げられた。

S展示同様に枠なり3対3で優勝戦は開始されたが、ここまで10戦8勝で圧倒的支持を集めた1枠の松田大志郎がインからコンマ20とやや慎重なスタートとなり、人気対抗の2コースの仲谷颯仁もコンマ17と突っ込めず、3コースの出畑孝典とカド4コースの竹田和哉が0台スタートを決めた。そこから出畑が自力で攻める形となり、インの松田の動きをみながらまくり差しのハンドルでその内を突く。バックでは内の出畑と外の松田で、パワー面でもシリーズをリードした両者による一騎打ちの様相となり、遙か後方では差して追走の仲谷に竹田と大外から展開突いて伸びた高橋正男が絡んで3者による3位争いが展開される。一方、首位争いは2マークで内有利に出畑が先制したところで松田に対し大きな差をつける。松田は惜しくも2位、そして3位には3者による争いをさばいた仲谷が守り切って、3連単は3-1-2で4,770円(15番人気)となった。

優勝した出畑はこれが自身今年初Vで、周年準Vもある当地では通算4度目の優勝となった。