絶体絶命の形から立て直した浜田亜理沙が優勝!!

{{ good_count }}

インか2コースか、内寄りが圧倒した最終日となった「ヴィーナスシリーズ第7戦 BOATBoyCUP」最終日。注目の優勝戦は、インから浜田亜理沙田口節子細川裕子香川素子水野望美安井瑞紀が枠なり3対3で並んでスタート。スリットは外が攻める形になり、大外の安井がゼロ台へ踏み込んで握っていったが、香川が張りながら先にツケマイ。浜田はコンマ26と立ち後れたものの絶妙なハンドルで旋回し、バックで香川を内から合わせそのまま2M先マイに成功。香川は2Mで水野が内を突いてきたため差せず外マイ、この時点で勝負がついた。

浜田はスリットだけをみれば絶体絶命の形だったが、冷静な判断が光った。今年は多摩川「ヴィーナスシリーズ」に続く2回目、通算では5回目の優勝。当然ながら、丸亀「レディースチャンピオン」にも出場予定。年末の12席獲得へ、大きな勝負となりそうな予感。