当地初出場の國分将太郎が準優進出!

1/23 23:32更新
「ルーキーシリーズ第2戦スカパー!・JLC杯 第32回瀬戸の若鷲決定戦」は4日間の予選を終了。24日は予選得点率上位18人による準優勝戦が争われる。4日目は雨が降り、ホームは追い風、気温は4度。1Rは1コースの村本大成がプラス06のF。6コースの丸山祐也は速すぎるSだったイン・村本をまくり切る勢いでターンしバックは接戦。1周2Mで先頭に立ち、デビュー初勝利を飾った。2Rは國分将太郎が5コースカドからまくって白星。3Rはインの為本智也がSを遅れ、3コースからコンマ05のSを踏み込んだ福田翔吾がまくって1走目以来となる勝ち星を挙げた。4Rは佐藤航が逃げ切り、6コースの前原大道が2着。1周2Mで小川竜太朗と接触した坂本雅佳は不良航法のため減点1で順位を下げた。5Rは小池修平が差し切り、6Rは黒野元基が逃げて1着。7Rは5枠の上田龍星が3コースに動いてまくり一撃。8RはF2の野中一平がコンマ11のトップSを放ちまくり差しでシリーズ初勝利を決めた。9Rは中村泰平、10Rは尾上雅也が逃げて1着。11Rは小池、12Rは上田がキッチリと逃げてポイントを加算した。

上田は4日目まくりと逃げで連勝し計5勝で断トツ1位。小池は差しと逃げで連勝、3日目後半から3連勝で2位。当地初出場の國分が3位に続き準優1号艇を勝ち取った。ボーダーは3日目終了時の6.40から大幅に下がり5.71。福田、河野主樹の大阪勢が同率で並んだが、上位着順差で福田が18位で準優へ進出。河野は19位で予選落ちした。
戻る