上田龍星が格の違いを見せつける!

1/21 23:22更新
「ルーキーシリーズ第2戦スカパー!・JLC杯 第32回瀬戸の若鷲決定戦」は22日に予選3日目を迎える。初日は強風のため5R以降は安定板が装着される荒れ水面だったが、2日目はホーム追い風1~4メートルと比較的穏やかなコースコンディションのもとでレースが行われた。

2日目の1Rは坂本雅佳が逃げて地元の意地を見せ、2Rは抜群の展示タイムを出していた篠原晟弥がまくりで白星。3Rは深い2コースとなりながらコンマ09のSを決めた河野主樹がまくりで勝利、F後の井上忠政は3コースに動き2着に粘った。4Rは小池修平がカドまくり、5Rは3コースの畑田汰一が鮮やかなまくり差し、6Rは中村泰平が2コースへ動いて差し切り、初日選抜組が貫禄のレースを披露した。

7Rは当地初出場の佐藤航が逃げて白星。8Rは6枠の上田龍星が3コースに入り一気のまくりで勝利。9Rは初日のFで今期F2となった中亮太がインの畑田を逆転して3連単は万舟券。10Rは高岡竜也が逃げ切り、11Rはカド戦の尾上雅也がまくり差しでF2のイン・野中一平を破り4走目にしてシリーズ初勝利を飾った。12Rはカド4コースの上田が前原大道の抵抗を振り切り、インの中村を先に回してまくり差し。V候補筆頭の上田が初日12Rからの3連勝で実力差をまざまざと見せつけた。
戻る