得点率トップに立ったのは渡邉和将!

10/11 23:13更新
「児島キングカップ開設69周年記念競走」は3日目が終わって、得点率トップに立ったのは渡邉和将。「エンジンは良いですよ。余裕がなくてスタートは放れなかったけど、足は全部が良い。ペラで回転を合わせて行くだけです」とパワー面は納得している。

2位の茅原悠紀は「体感が良かった。叩きながら変化して行って、今が一番バランスが取れてる」と方向性を掴んで上積み中。3位タイは吉田拡郎と毒島誠。吉田は「出足は良いです。そこは◎が付く。もうひと伸び欲しい。伸びは一緒の人がいるから中堅」とレース足は上向いている。一方の毒島は「行き足が良かったと思うけど、回転は合ってない。今が一番良かったけど、もう少し繋がって欲しい」と引き続きペラ調整。

他では前本泰和が2走2連対。海野康志郎、齊藤仁、森高一真が2走3連対にまとめた。

4日目は予選ラストの攻防。ボーダー付近で勝負駆けとなっいる菊地孝平、今垣光太郎の走りに注目したい。
戻る