前検一番時計は森岡真希!

3/12 21:17更新
13日より「ほぼオールレディース!福岡J・アンクラス杯」が当地で開幕する。今節はタイトル通りで女子36人を、地元男子8人が迎え撃つ形となった。いつもの男女混合戦とは男女比率が逆転したシリーズだけに、いつもとは少々違うレース形態となりそう。それだけに、思わぬ波乱、好配当が飛び出す可能性も十分だろう。

前検S練習。今節は2連対率40%越えの実績機はわずか1機のみ。文字通りの低勝率機シリーズの影響か、まだ目立った動きの持ち主は不在だ。コメント内でも「班では似た感じ」、「普通くらいです」との声が多く聞かれた。

そんな中、今節の中での上位機を引いたのは20号機の森岡真希。本人は乗りづらさに不満顔を浮かべていたものの、前検一番時計(6秒77)をマークするなど、やはりエンジン素性は申し分なさそう。また、前節V機の21号機の坂本奈央に、前節優出3着の17号機の深見亜由美も見逃せない存在となりそう。他では柳澤千春の37号機、木村詳子の27号機、池田奈津美の30号機も調整が合えば大化けする可能性を秘めているか。

一方、V主役候補に挙げられる篠崎仁志、松尾昂明、松田大志郎は揃って中堅級の動きは見せていたものの、まだ調整途上といった印象。S展示、周回展示での動きにはチェックをしておきたいところか。
戻る