ニュース

◆【桧村賢一コラム】旬レーサー 馬場貴也(滋賀・38歳)

桧村バナー


6月22日更新

4262 馬場貴也(滋賀・38歳)
「好きな体感」のコメントならまくり差しが決まる


―馬場さんと毒島誠さんのウイリーは他と違う気がします。
「そうかもしれません。外マイでウイリーさせて前に出るというのもあるけど、ウイリーが一番威力を発揮するのは差した後ですよね。それが2コース差し、4コース差し、まくり差しもそうですけど、差した後にウイリーさせるっていうのが、なかなか他の人はできないと思うんですよ。実戦では引き波を越えてからのウイリーが効果的。そこで使えるようになってきたな、という実感があります」

―是非聞きたいのが、馬場さんのまくり差しが決まるタイミングというか条件です。
「条件はある程度決まっています。3号艇と5号艇のまくり差しは、内艇がしっかりとセオリー通りに回らないと型にハマらない。結局、決まる、決まらないは内艇との呼吸なので、スリット同体のほうが型にハマると思います。
でも、最近は3号艇の時に警戒されすぎて、2号艇が外マイしてくる時もあるので、2号艇が握っての差しも頭に入れています。5号艇の時はまくり差し一発しか狙っていません!」

―まくり差しがズバッと決まる時のモーターの仕上がりを教えてください。
「ターンの出口の押しが良くて、乗り心地が良い時ですね。『自分の好きな体感です』というコメントだったらウイリーしてからの抜け感と言うか、差した時のひと押しがきている時。そういう時は狙い目だと思います。
展示の見方は、小回りしている時のウイリーの出方。グッと押している感じがあったら、仕上がっている時だと思います」

―逆にモーターが出てない時のまくり差しは厳しいですか?
「やっぱり『回った後のひと押しがどうしてもダメです』みたいな時は、キツイですね。最後のひと押しがないので、波を越えられません。まくり差しが決まるには、やっぱりある程度の条件が必要です。一般戦なら、スタートがバラついて展開もある。でも記念だと、皆のターンがしっかりしているので、難しいところがありますね」
(マンスリーBOAT RACE・万穴ハンター石井誠司より抜粋)

●1着決まり手(過去6ヶ月)
逃げ…22回 まくり…6回 まく差…11回 差し…6回 抜き…8回

※出場予定…唐津・SGグラチャン=6月21日~26日

桧村プロフィール



□TOPへ