ニュース

◆【桧村賢一コラム】準優日の前半走はボックス買い

桧村バナー


5月14日更新

オートレースは4月から選手補充が出来なかったときに1日2回走りを実施できるようになりました。ボートレースは大村の初開催から2回走りをやっていました。ただし、津の初開催は1回走りだったようです。経費の面で2回走りにした方が得なのはわかりますが、一般戦の準優日の2回走りは、舟券で迷うとファンの評判はあまり良くないようです。予選得点率1位の選手が準優日の前半走で負けるシーンが多いからです。後半に準優を控えているので無理をしないと言う意見が大半です。しかし、考えてみれば後半の準優1号艇の選手の前半走は外枠が多く、展開で負けてもおかしくありません。確かに、選手心理とすれば、前半走でスタート事故や妨害失格をすれば賞典除外になります。準優で1着を取っても最終日は一般戦回りです。無理をしたくないという心理も理解できるというものの、それ以上にコース取りの不利で勝てない条件が揃っていると考えるべきです。それほど不安を感じるのなら「パス」もありです。どうしても買いたいならボックスで絡めておくことです。

桧村プロフィール



□TOPへ