ニュース

◆【桧村賢一コラム】「操縦不能」の翌日は連絡み

桧村バナー


1月23日更新

新型コロナ禍で記者の選手取材は、さまざまな制約を受けています。ピットに入る人数制限はもちろんのこと、長い時間の取材はできせん。そんな苦労をして取ってくれる選手インタビューです。
読み方によって舟券に高い確率で絡むものがあります。それも高配当絡みです。コメントの中で「操縦不能」という言葉を見ると、舟券の対象から外したくなります。ところが、そんな選手に限って着に絡んできます。レースが終わった後に「ちゃんと操縦しているやないか」とぼやきの一つでも入れたくなるものです。よくよく考えてみると、「操縦不能」だったのは、前日に大敗したレースのことで、そこから当日の走りまでに何らかの手を打っているはずです。惜敗ならそのまま走る可能艇もありますが、大敗したのならモーターに手をつけなければなりません。変わり身が期待できるわけです。その結果、操縦不能が操縦可能になり、着絡みか増えるのです。

桧村プロフィール



□TOPへ