特別戦(混合戦)における女子番組の是非

{{ good_count }}

高田ひかる

9人の女子選手が出場する宮島のSGオールスターは、初日3Rで高田ひかるがSG1着の水神祭。エース機と組む初出場の實森美佑も強敵相手に4・3着と好走。ドリーム戦には守屋美穂平高奈菜が出場した。多くのファンが、遠藤エミに続く女子のSG制覇(もしくは優出?)に胸を躍らせているだろう。

ただ、女子が分散して出場した初日とは一転、2日目は5Rで女子戦が組まれた。1号艇に平高。ここをきっちり白星を挙げて得点率アップを図りたいところだが、混合戦における女子番組はいつも物議をかもす。女子戦は進入に紛れが少なく、ここで1着なら予選突破へ大きく前進することができる。だが逆を言えば、女子同士で星を潰し合うということ。これでは女子がいくらエンジンが出ていようとも、大挙して準優に駒を進めることができなくなる。