オールスタードリームは5-4-1!?

{{ good_count }}

毒島誠

いよいよ来週に開催が迫っている宮島のSGオールスター。初日12Rではファン投票ベスト6によるドリーム戦が行われる。出場選手は1号艇から毒島誠西山貴浩守屋美穂池田浩二白井英治平高奈菜。各選手の相性を図るべく、通算の対戦成績を見てみよう。

VS毒島誠(左が毒島先着)
西山37-29
守屋8-5
池田56-72
白井65-68
平高13-3
VS西山貴浩
守屋3-10
池田28-48
白井21-38
平高16-6
VS守屋美穂
池田1-2
白井6-8
平高80-103
VS池田浩二
白井78-88
平高10-9
VS白井英治
平高13-1

全員に勝ち越しているのは白井。毒島と守屋に対してはほぼ五分だが、西山、池田、平高には10回以上勝ち越している。コースを動くかわからないが、相性面では優位に戦えそうだ。

池田は白井以外に勝ち越し。対戦回数の多い毒島や西山には圧巻の勝ち星。守屋とは極端に走る機会が少なく、19回の対戦がある平高は意外にも五分の成績。

初のファン投票トップで、前期勝率も1位となった毒島は池田を苦手にするものの、それ以外はやや得意という実績だった。

一方、どの選手にも苦戦しているのが西山。男子3選手はもちろん、守屋にも3勝10敗と負け越し。唯一、平高にだけ勝ち越し、対5人合計では、97勝139敗。先着率は4割1分1厘という苦しい内容。

女子選手の守屋と平高は、男子選手との対戦が極端に少ない。両選手の比較は守屋が80勝、平高が103勝と平高に分があるようだ。

対戦成績だけで見た6連単は5-4-1-6-3-2。本番はどうなる?