初のナイターレースの実況をしました

{{ good_count }}

私は、7月18日から20日まで、山陽オートのCS放送の仕事で、レース場近辺のホテルに滞在しています。最近、メインMCの仕事をしている内野久照(うちのひさてる)アナウンサーのピンチヒッターで、年に1回ほどのペースで実況しているのですが、今回はナイター開催ということで、仕事する前には不安な思いを抱えながら、現場に臨んでいました。なぜなら、私はボートレースでもナイターを喋った経験がなく、「夜で照明が当たるだけの走路を見て、枠番の判断ができるかどうか?」を、仕事を受けてからずっと考え続けていました。

小林習之

1969年滋賀県大津市生まれ。千葉大学法経学部経済学科卒。1991年に三重テレビのアナウンサーとして入社。1年目に、津ボートレース展望番組「津ボートレースアワー(現・ボ〜っト見せちゃいます。津ぅ)」のMCを担当したのがボートレースとの出会い。1994年にフリーアナウンサーに。テレビ埼玉「レースダイジェストBACHプラザ(現・BACHプラザ)」総合司会やBOATRACE戸田の実況が本格的な公営競技アナウンサーのデビュー。ボートレースの師匠は、スポーツ報知若松担当の井上誠之記者(師弟関係は27年)。また、ボートレース以外はオートレース、高校スポーツ(野球・サッカー・ラグビー・春高バレー)、プロ野球、Jリーグ、海外サッカー(オランダ・ポルトガル)などの実況をこれまで担当。2019年1月、BOATRACE三国の正月開催「初夢賞」をもってレース場メイン担当のアナウンサーを引退。現在は、有限会社アップライトの経営者として後進の指導を中心にあたる。