実況アナの「パーソナリティ」と「パフォーマンス」

{{ good_count }}

「SG第25回チャレンジカップ&GⅡ第9回レディースチャレンジカップ」が終わり、グランプリとクイーンズクライマックスの出場選手が決まりました。今回、私は終盤2日間の実況を担当しましたが、何とか無事に終えたことにホッとした思いをしているのが正直な思いです。それにしても、優勝者がいずれも大外の選手といったあたり、鳴門らしい結果だったかもしれません。

小林習之

1969年滋賀県大津市生まれ。千葉大学法経学部経済学科卒。1991年に三重テレビのアナウンサーとして入社。1年目に、津ボートレース展望番組「津ボートレースアワー(現・ボ〜っト見せちゃいます。津ぅ)」のMCを担当したのがボートレースとの出会い。1994年にフリーアナウンサーに。テレビ埼玉「レースダイジェストBACHプラザ(現・BACHプラザ)」総合司会やBOATRACE戸田の実況が本格的な公営競技アナウンサーのデビュー。ボートレースの師匠は、スポーツ報知若松担当の井上誠之記者(師弟関係は27年)。また、ボートレース以外はオートレース、高校スポーツ(野球・サッカー・ラグビー・春高バレー)、プロ野球、Jリーグ、海外サッカー(オランダ・ポルトガル)などの実況をこれまで担当。2019年1月、BOATRACE三国の正月開催「初夢賞」をもってレース場メイン担当のアナウンサーを引退。現在は、有限会社アップライトの経営者として後進の指導を中心にあたる。