江戸川ボートの舟券攻略はコレ! -1

{{ good_count }}

江戸川ボートの舟券攻略はコレ!

スタート展示でタッチ選手を狙え

潮汐表 26日 27日 28日 29日 30日 31日
満潮 8:49 9:16 9:42 10:09 10:43 11:13
干潮 15:39 16:27 17:24 18:37 20:05 20:21

江戸川が大きなレースをやる時は、潮汐表を見て日程を決めます。今回のGI江戸川大賞は、中潮から小潮、長潮と潮位の少ない時期に合わせています。満潮時刻が午前中で、午後が干潮時間です。潮が引く時間帯なので、1Mから2Mへと水が流れる「下げ潮」です。この季節は北からの季節風が吹きます。競走水面に対して向かい風です。水の流れと風向が同じなら水面が波立つことがありません。ただ、下げ潮で向風となるとスタートが難しくなります。風は吹き流しで読めますが、水面下は読めません。ピットには流速計があり、今は下げ何センチ表示されますが、計測位置が違うと流速が変わってきます。

選手はどうやってスタートをするかと言えば、江戸川で数走っている選手のスタートに合わせます。そんな選手は、本番レースでスタート先手はありません。舟券で1着軸はありません。スタート展示から自信を持ってスタートを決めている選手が本番レースで軸艇になります。スタート展示でタッチのスタートを決めている選手は、流れが変わっても修正ができます。

・江戸川でスタートの早い選手(集計・江戸川3年間)

江戸川平均S 選手名 江戸川勝率
0.11 山田哲也 6.43
0.12 石渡鉄兵 7.86
0.12 岡崎恭裕 7.14
0.12 船岡洋一郎 6.73
0.13 湯川浩司 7.22
0.13海野康志郎 6.32
0.13片岡雅裕 7.06
0.13磯部誠 7.91

桧村賢一

1947年福岡県生まれ。「競艇専門紙・ニュース」を経て、現在は「マンスリーBOAT RACE」のライターとして執筆活動のほか、レジャーチャンネルでのレース解説、BTS市原、岡部、岩間などで舟券塾を定期的に開催している。「舟券を獲る最強の教科書」(サンケイブック)「よくわかるボートレースのすべて」(サンケイブック)などボートレース著書多数。