「この選手は終わった」を安易に使うな

{{ good_count }}

SGで走っていた選手が一般戦回りで負けることがあります。SGでの活躍が聞かれなくなった選手だと、「この選手は終わった」と言われます。しかし、年配の選手でない限り、何年かするとSGやGIで活躍することがあります。選手は、たまたま巡り合わせが悪く、モーターを出せない時期があります。前年までモーターを出していても、そのプロペラゲージのコピーが出回ると、出ていたモーターが人並みになるのです。出なくなったではなく、周りが同じように出してきたです。

強力パワーで勝ち上がっていた選手ほど、人並みのパワーになってしまうと勝てなくなります。そこからまた再スタートです。また何年かしてうまくプロペラやモーター調整が噛み合うと、以前と同じような活躍をするものです。モーターが出せるようになれば、今度は「復活」という言葉が踊ります。「この選手は終わった」を安易に使ってはいけないと同じように「復活」も安易に使うものではありません。今はどうなのかを判断基準にすれば良いだけです。

桧村賢一

1947年福岡県生まれ。「競艇専門紙・ニュース」を経て、現在は「マンスリーBOAT RACE」のライターとして執筆活動のほか、レジャーチャンネルでのレース解説、BTS市原、岡部、岩間などで舟券塾を定期的に開催している。「舟券を獲る最強の教科書」(サンケイブック)「よくわかるボートレースのすべて」(サンケイブック)などボートレース著書多数。