数撃って当たっても的中確率は同じ

{{ good_count }}

チケットシヨップやレース場に行くと、早い時間帯では冷静な振る舞いをします。データもしっかりと読み、展示航走も集中して見ます。しかし、頭が疲れ始めると思考が雑になり、惜しいところで舟券が外れてきます。多場発売しているチケットショップだと、ファンファーレの音につられて他のレース場の舟券を買いたくなります。隣の何とかではありませんが、こちらがダメならあちらでという気持ちになるものです。数撃てば当たるかといえば、間違いなく当たります。しかし、数撃つので舟券資金が増えます。舟券が当たったとしても、舟券収支はマイナスということが多くなります。一つのレース場で連続して何レースも舟券が当たるわけではありません。数撃つというのは、連続して一つのレース場の舟券を買うのと同じです。当たる確率は、数を撃っても撃たなくても同じです。舟券資金の無駄づかいは避けましょう。

桧村賢一

1947年福岡県生まれ。「競艇専門紙・ニュース」を経て、現在は「マンスリーBOAT RACE」のライターとして執筆活動のほか、レジャーチャンネルでのレース解説、BTS市原、岡部、岩間などで舟券塾を定期的に開催している。「舟券を獲る最強の教科書」(サンケイブック)「よくわかるボートレースのすべて」(サンケイブック)などボートレース著書多数。