予選はイン外し、準優はイン買い

{{ good_count }}

前期の全国コース成績で1コースの1着率は55.5%でした。ほぼ2レースに1回の割合で1コースが1着になっています。しかし、これはあくまでも平均値で、同じようなペースで1着になっているわけではありません。日によって1コースの決まる日もあれば、決まりにくい日もあります。大体の傾向を知っておけば無駄な舟券を買わずに済みます。

ボートレースはモーター抽選があります。同じような性能のモーターなら選手も対応が楽ですが、レース場も違えば、モーター性能も毎節違います。前検練習があるというものの、完全にスタート勘をつかむのには時間がかかります。モーター調整にしても走りながら感触を確かめて、不安な部分を解消していきます。ほとんどの選手が手探りの中で自分好みにしていきます。

早目にスタート勘をつかみ、モーター調整のできた選手が序盤をリードします。大半の選手が日を追って自分好みにするものです。そのため予選の序盤はスタートが不揃いになり、1コースからの逃げが決まりません。舟券で「イン外し」がかなり有効です。スタートが揃う準優になると、今度は「イン買い」です。

桧村賢一

1947年福岡県生まれ。「競艇専門紙・ニュース」を経て、現在は「マンスリーBOAT RACE」のライターとして執筆活動のほか、レジャーチャンネルでのレース解説、BTS市原、岡部、岩間などで舟券塾を定期的に開催している。「舟券を獲る最強の教科書」(サンケイブック)「よくわかるボートレースのすべて」(サンケイブック)などボートレース著書多数。