• ポスター

    下関 7/6~7/11
    ヴィーナスS第5戦 日本スポーツエージェントカップ

    予想

    シリーズ展望

    下関で開催される「ヴィーナスシリーズ第5戦 日本スポーツエージェントカップ」。当地では5月にオールレディースを開催したばかりで、その時に優勝したのは寺田千恵。

    今回も好メンバーが集結した。優勝候補筆頭は小野生奈。女子選手のなかでSGへの参戦が最も多い選手で、上の舞台で鍛えられている分、女子戦では敵なしの強さ。F3によるB2級降格を経験したが、1期でA1に戻った平高奈菜。近況も好調。4月に住之江のオールレディースで復活Vを遂げた。

    そして昨年4月に当地オールレディースで優勝した平山智加。この時は第一子産休明け2節目で、いきなりの快挙にファンの度肝を抜いた。第二子産休明けの今回は5月に復帰し、2節目の若松と3節目の徳山で連続優出。全快ではない状況で、この成績だから地力の違いを感じさせる。

    このほか、魚谷香織、樋口由加里、竹井奈美、関野文、水野望美らが優出候補。そして徳山男女W優勝戦で久々の優勝を飾った清水沙樹、近況走りの質が明らかに上がった土屋南が穴候補。

    5月のオールレディースの成績をまとめると、イン勝率は50.0%と可もなく不可もなく。イン以外では2・4コースの1着が多く、穴狙いはここから。さらに6コースも4.2%の1着率で、大穴狙いもできるかも。

    レース情報