• ポスター

    浜名湖 4/20~4/25
    GⅢオールレディース

    全レース予想

    シリーズ展望

    4月20日から25日まで浜名湖で開催される「GⅢオールレディース 第2回井伊直虎カップ」。クラシックで見せ場たっぷりのレースを披露した長嶋万記の地元で開催されるとあって、今回は長嶋の独走を誰が止めるかという点に焦点が集まる。

    その一番手はやはり同県同期の三浦永理だろう。第1回の賞金女王決定戦を制した三浦、SGでも男子選手たちと互角以上の戦いを繰り広げ、豪快な旋回は誰もが認めるところだが、最近は好不調の波がやや大きい。好調時は勝率7点超、優勝ラッシュもするが、一転して不調に陥ると、A2級に落ちることもある。前期がまさに不調で、現在はA2級。一昨年のクイーンズクライマックス優勝戦のFが響いたことは想像に難くない。

    それから立ち直り、今期はスタートで立ち遅れるシーンが減ったように感じる。昨年末には蒲郡で優勝を飾り、本来のパフォーマンスを取り戻しつつある。

    地元では、相性抜群と胸を張れるほどの成績を残しているわけではない。だが、長嶋の絶好調ぶりに刺激を受けるところもあるだろう。これまでは長嶋を引っ張ってきたが、今度は三浦が追いかける番だ。

    当地前回のオールレディースは、昨年5月に開催された。時期的に気象条件は前回と似たものになるはずなので、その時の傾向を振り返ってみよう。

    イン勝率は36.1%。レース結果一覧を眺めると、カラフルな配色となった。とはいえ、頭で勝負できるのは4コースまで。5、6コースも決まらなかったわけではないが、勝負するには厳しい。それは2、3着においても同様で、連に絡むのは4コースまでがほとんど。まくりに乗って連動するスジ舟券ではなく、外が攻めても内が残すことを軸に考えよう。

    レース情報