篠崎仁志が3場所連続優勝を達成!!

8/2 22:33更新
勢いに乗っている男は違った。篠崎仁志が前検日に手にした27号機は中堅上位ぐらいの評価だったが、「ペラの形は決めてきた」とレースに入る前から準備万端。ペラを叩き変えて臨んだ初日の発祥地ドリーム戦でしっかり逃げを決めると、その後はオール2連対で予選をトップ通過。日増しに気配を上げて準優、優勝戦と文句なしの仕上がりになった。最後まで主役を貫き通し、下関、尼崎に続き自身初の3場所連続優勝を達成。5月には住之江オールスターでSGウイナーの仲間入りも果たしており、この勢いは止められそうもない。

足は良かった岡瀬正人、前田将太は節間での取りこぼしも目立ったものの、最終日はしっかり1着をマーク。地元から唯一準優入りを果たしていた榎幸司だったが、準優は6着に大敗してしまった。それでも最終日は逃げと4コース差しで連勝ゴールを飾って鬱憤晴らし。今期はA2に甘んじているものの、この勢いならすぐにA1へと返り咲くだろう。
戻る