2018 第1回フレッシュルーキー実技訓練のお知らせ~現役選手6名・整備士4名がフレッシュルーキーに実技指導~ ~サッカー日本代表 長友佑都選手の体幹トレーニング実施~

平成30年4月11日(水)から13日(金)まで3日間にわたり、若手エリート選手を対象とした、「2018 第1回フレッシュルーキー実技訓練」がボートレーサー養成所(福岡県)において実施されました。
 
この訓練は、各ボートレース場から選出されたフレッシュルーキー21名を対象に、操縦・整備の技術向上を目的とした実技訓練やケガをしない体づくりを目指した体幹トレーニングなどが行われました。
初日の操縦訓練においては、ボートにカメラを搭載して、乗艇時の動作・姿勢の確認などを行いました。また、夜の講話においては、ボートレーサー養成所の荘林実技教官、占部実技教官の2名より、モーター履歴簿を参考とした、整備や部品交換の考え方についての特別講義を実施しました。
 
2日目に実施した操縦訓練では指導選手として登録第3360号・原田富士男選手(福岡)、登録第3576号・白水勝也選手(福岡)、登録第4352号・下條雄太郎選手(長崎)、登録第4424号・松尾昂明選手(福岡)、登録第4445号・宮地元輝選手(佐賀)、登録第4504号・前田将太選手(福岡)の6選手が指導にあたり、模擬レースや二艇旋回を行い、ハイレベルで実践的な訓練が展開されました。また、夜の講話においては、身体能力の向上とケガの防止を目的として、トルコ・スーパーリーグのガラタサライにて活躍するサッカー日本代表、長友佑都選手に直接指導している木場克己氏を招き、体幹トレーニングを実施しました。
 
3日目には桐生・びわこボートレース場の現役整備士4名による実践的な性能向上のための整備講習が行われ、全日程が終了しました。
 
【参加選手のコメント(抜粋)】
 
登録第4754号・松尾 充(三重)
「体幹トレーニングは普段から行っているが、より本格的なトレーニング方法を教わることができたので、今後のトレーニングにも取り入れていきたい。」
 
登録第4812号・西野 雄貴(徳島)
「各レース場から推薦されたフレッシュルーキーという意識の高い選手同士が集まり、レース場とは違う環境で3日間も訓練や情報交換などをする機会をいただいて感謝しています。」
 
登録第4817号・渡邉 翼(山口)
「養成所実技教官2名による特別講義が印象に残った。モーターの履歴簿は今までほとんど見たことがなかったが、今後は履歴簿を見たうえで、部品交換の理由や交換した時期などを考えながら整備をしていきたい。」
 
登録第4850号・野中 一平(愛知)
「整備士による整備講習では、性能が大きく変化しとても勉強になった。また、レース中では地元以外の整備士とは、あまり相談などをすることができなかったので、今回の経験を今後に活かさなければならないと感じた。」
 
登録第4885号・大山 千広(福岡)
「操縦面においては、実技指導選手と模擬レースを行い、レースの講評や乗艇姿勢などもアドバイスしていただき、自分の課題であった点がいくつか解決することができた。とても意義のある訓練だった。」
 
登録第4932号・新開 航(福岡)
「普段の自主訓練とは違って、第一線で活躍している実技指導選手と複数旋回や模擬レースを行うことができ、自分の課題が再確認できた。その課題を克服して、もっと活躍できるレーサーになりたい。」
 
登録第4937号・山本 宝姫(山口)
「私は気持ちのスイッチが入るまでに時間がかかってしまうタイプなのですが、同世代の技量の高い選手たちと切磋琢磨することができ、今後に向けての大きなモチベーションとなった。選んでいただいた方々の期待に応えることができるよう頑張りたい。」