【重要】3/28(水)からの片道無料交通サービス変更について

3/28(水)からの片道無料交通サービスは…
【e~ほっ!カード】への電子マネー入金になります。

 
片道無料交通サービスは、3/28(水)からお客さまの【e~ほっ!カード】への直接入金に変更します。切符または領収書等と一緒に【e~ほっ!カード】をお持ちください。
現在行っております、回数券や現金でのお渡しは4/3(火)をもって終了となり、【e~ほっ!カード】をお持ちでないお客さまは片道交通サービスを利用することができなくなります。
本サービスを利用されるお客さまは、お早めに【e~ほっ!カード】をお作りくださいますよう、よろしくお願いいたします。
※【e~ほっ!カード】は各投票所窓口で即日発行できます。(身分証明書が必要です)
 
は3/28(水)からの新サービスです。
 
サービス利用方法
[1]切符や領収書等を【e~ほっ!カード】と一緒に片道交通サービス窓口へお持ちください。
[2]片道分の電子マネーを【e~ほっ!カード】へ入金します(金額は下記参照)。
[3]【e~ほっ!カード】で投票したり、入出金機で払い出してください(即日に利用可能)。

 
JRでの利用方法
JRを利用してご来場された際の切符等と引き換えに、長府駅を起点として上限970円までの電子マネーをチャージします。
※※ご注意ください!※※

・長府駅以外の駅で下車された場合もサービスの対象となります(JR下関駅等)
・JR九州(日田彦山線除く)は上限910円、JR九州日田彦山線は上限830円までの金額です
・切符と引き換えですので、出札口にて「使用済」等の押印を受けた切符をお持ちください
・切符を改札機に通したり、駅で渡してしまうとサービスを受けられません
・長府駅まで乗車せず途中で下車された場合、下車された駅までが対象となります
・途中で定期券を使用している場合、定期券を除いた運賃のみが対象となります
・切符以外で有効な券は[乗車券/領収書/回数券/精算済証明書/有効証明書/EXご利用票]です
 
高速道路・関門国道トンネル・北九州都市高速道路・関門汽船での利用方法
当日の領収書と引き換えに次の区間の電子マネーをチャージいたします(複数組合せて使用できます)。
 
『高速道路(関門橋・中国道・山陽道)の金額』
・関門橋:門司IC~下関IC
・中国道:美祢西IC~小月IC
・山陽道:宇部IC~埴生IC

※対象範囲に満たない区間の場合はその区間の金額のみ
※対象範囲を超える区間の場合は対象区間分の金額のみ
※ETC割引等適用の場合は割引後の金額
※ETCをご利用の場合、有人料金所で領収書をお受け取りください
 
『関門汽船(門司港~唐戸)』
上限400円までの金額

※領収書をお持ちください
※回数券を使用した場合は領収書が発行されないため、唐戸ターミナルで「ボートレース場行き」を申し出て、交付される「乗船証明書」をお持ちください
 
『北九州都市高速道路』
上限510円までの金額

※ETCをご利用の場合、有人料金所で領収書をお受け取りください
 
『関門国道トンネル』
普通車150円、軽自動車100円、原付20円

※回数券を使用した場合、サービスの対象外となりますのでご注意ください
 
>>その他注意<<
・切符や領収書は当日分のみ有効(GIレース以上に限り、前検日分の切符等をその節間にお持ちいただいても有効となります)
・ボートレースチケットショップオラレ下関の片道無料交通サービスは変更ありません