ボートレース若松優勝選手


王冠過去の優勝選手

若松夜王シリーズ第1戦植木通彦フェニックスカップ若松初優勝争奪戦(平成30年10月9日)

渡邉和将 強烈マクリで若松初V!


4537 渡邉和将(岡山)

若松ボートの「若松夜王シリーズ第1戦植木通彦フェニックスカップ若松初優勝争奪戦」は9日に優勝戦が行われた。4コースからトップスタートを切った4号艇の渡邉和将(28歳=岡山)が強烈なマクリを決めて快勝。今年3回目、当地では初Vを飾った。

===
 
 
 
進入は123/456。
 
コンマ10の好スタートを切った4コースの渡邉。インの中野次郎はコンマ17。
 
注目の1周1マーク。
 
中野が先マイしようとした瞬間、渡邉が外から思い切り握り込んだ。
 
ツケマイ強襲。
 
標的の中野は引き波に沈んだ。渡邉は絵に描いたような、ボートの教科書に載っているかのような見事なツケマイを炸裂させたのだ。完璧だった。
 
勝負は、その一撃ですべて決まった。
 
バック直線で渡邉が首位独走。あとは悠々と走り、先頭ゴール。今年3度目の優勝ゴールとなった。
 
「風が止んでいた。スタート展示と同じようにいけると思った」。S展はコンマ09。そして本番はコンマ10。今節は「スタートしやすかったです」。
 
モーターパワーは胸を張れるものではなかった。優出インタビューでは「エンジン自体は大したことない」と漏らした。それでも、最終日も朝からペラ調整に汗を流した。ずっと気になっていた乗り心地を改良させた。あきらめず、頭を、手を動かして、そうして優勝戦へ挑みこの結果を残した。
 
当地は初V。
 
嬉しそうに「やっと若松で優勝できたので嬉しいです」と話した。ここは嬉しいプロ初1着を挙げた思い出の水面でもある。「縁起の良いレース場です」。
 
次走は江戸川GIIモーターボート大賞へ向かう。「優勝目指したいと思います」と闘志。
 
来月1日には当地GI周年に参戦予定。「今回のことを生かして頑張りたいです」と意気込んでいた。
 
江戸川で活躍して、そしてまた渡邉が“縁起の良い”若松に戻ってくる。

===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。
(文:吉川)


□若松TOPへ