月刊マクール購入


【最新6月号の内容】
Special feature
ボート界にまつわる『お金』の話



ボート業界は3月末で2016年度が終わり、4月からは新年度が始まった。2016年の売上関係も発表されたが、これで4年連続の上昇というのは、関係者はもちろんファンの皆さんにとっても明るい話題だ。さらにその売上回復を背景に、新年度からは選手の賞金もアップされ、選手のモチベーションも上がるだろう。今回は普段あまり触れることのない、ボート界に関連する『お金』の話題を、図表やグラフをいろいろ使いながら伝えていこう。

Special Interview
江口晃生(群馬)



巻頭インタビューには江口晃生が登場。前期勝率8.16。マスターズ世代になってもなお衰えるどころか、さらに強さに磨きがかかっている。ここまで成績を残している強さの秘訣はもちろん、今、自身が感じていることなど、江口ならではの言葉で語ってくれた。

Special feature
ボートレースオールスター(福岡)

福岡のSG開催は昨秋のダービーからわずか7ヶ月目。使用エンジンもそのダービーと同じだ。しかし取り巻く環境は風雲急を告げている。3月に、昨年のダービー王でMVPと頂点を極めた瓜生正義が連続F。一転して大本命不在となった。クラシックは桐生順平が快勝、今年はいよいよ『ニュージェネレーション』が一気に押し寄せるのか!?

Macour spot light
今、狙える選手に訊く
永田秀二(東京)

今回の狙える選手は永田秀二。前期勝率7.14。キャリアハイの7点勝率を残したキーワードは「発奮」。前期の振り返りを中心に師匠のことやこれからのことなど、じっくり語ってくれた。

Special feature

下関ナイター オープニングレポート
ジジー放談
必中舟券
フレッシュルーキー実技訓練に密着する
長嶋万記の万事良好
西山貴浩「笑利」への道
マクール探偵局
「格安旅打ち」
工藤浩伸の酒場交遊記
「女子の社会復帰?」
ボート日々是好日
GIマスターズチャンピオンレポート


□TOPへ