スポニチVSマクールの舟券収支対決企画第3弾、最終対決の舞台は福岡BOATRACEバトルトーナメント!
どちらが勝つかを予想して、現金&賞品をゲットしよう!!
詳細・応募は「どちらが勝つか予想して応募する!」のボタンをタップ!!

予想の応募締切は1月13日(土)の21時

 ちなみにこの予想、展示の気配を反映した直前予想なので、予想精度は格段に上がる……はず。ぜひ舟券の参考にもしていただきたい。

【対決ルール】
■それぞれの記者がバトルトーナメント毎日3レースを厳選して予想する。
■舟券購入は1日2万円。
■予想は3連単のみ。ベット額、購入点数は各記者お任せ。
■バトルトーナメント3日間の収支を競う。
※収支がお互いマイナスの場合はマイナスの少ない方を勝ちとする。
グランプリ・クイーンズクライマックスでご応募いただいた方も再度応募が必要です。
 ※ スポニチ・マクール勝敗予想受付は終了致しました。

1983年(昭58)11月5日、福岡県生まれの34歳。08年スポニチ入社。 大阪本社システム部、静岡支局サッカー担当を経て14年4月からボートレース担当に。 初めて舟券を買ったのも当たったのもボートレース福岡。 ちなみに初的中舟券は2連単万舟券だった。 今回のバトルも時には穴目でガツンと勝負するのも有効か。 1981(昭56)年6月5日、福岡県飯塚市出身の36歳。 元選手志望で、ボート歴は20年を突破。 90期と91期で3次試験まで到達したことと、ペアボートで転覆した経験が自慢。 ボートの一部を見れば、どこのレース場のものかわかるという1ミリも舟券に役立たない特技を持つ。 基本的に予想は堅めだが、10万舟を獲ったこともある。
1月12日(初日) >>
収支
-20000円 -20000円
直前予想
4-1=2(1000円)
4-1=3(600円)
4-1=6(400円)
3=2-4(500円)
3-4-2(500円)
2-4-3(500円)
6Rまで雪の影響で視界が悪かったが、だいぶ降りかたがマシになってきた。これならアウト勢に出番もあるのでは。展示気配が良かったのは濱野谷。インから残す山崎を相手に手広く。計4000円。
仲口博崇は展示で動きを見せたが、結局枠なりになりそう。展示と同じくらいの起こし位置になれば、インは苦しい。ここでの狙いは湯川浩司。そして展示で好気配だった権藤俊光が狙い。地元の仲谷颯仁を絡めて。計4点の2000円。
2-6=1(1500円)
2-6=3(500円)
2-6=4(1000円)
6-2=1(300円)
6-2=3(300円)
6-2=4(300円)
1=3-2(500円)
1=3-4(500円)
ピットでの表情を見ていても今節の篠崎は気合が感じられる。イン松尾が気配一息なだけに何とかしてくれそう。相手は新田で96期コンビの両立。ここも3着は手広く。計7800円。
鳥飼さんの舟券が気になって仕方ないですね〜。とりあえず現状の収支は私の方が上ですね(まだ勝負してないだけ・笑)。
さてこのレース、やはり藤原菜希のスリット後の足は強烈。とはいえ、中田竜太のテクニックも高い。先に回れば逃げそうだし、まくられても残すことができる。ここはこの両者の折り返しから、歴代グランプリ覇者とクイーンズクライマックス覇者へ。計4点2000円。
1-3-4(2000円)
1-4-3(2000円)
1-4-6(2000円)
4-1-3(1100円)
4-1-6(1100円)
1-3-6(4000円)
1-4-6(4000円)
1-6-3(3000円)
1-6-4(3000円)
3-1=6(500円)
4-1=6(500円)
前半レースと比べると瓜生が若干気配を上げてきたように見えた。この足なら勝負可能だが、決して出ているわけではなさそう。小野は十中八九握りマイ。差し場が空きそうな佐藤の突き抜けを押さえる。計8200円。
個人的には今節一番の勝負レースだと踏んで、目いっぱいの資金を投じる。瓜生正義の動きは及第点。十分インから持たせることができるだろう。2・3着には欠かせない中島孝平。今節はどの枠番でも2・3着付けで狙っていく。機力的には小野生奈と佐藤隆太郎が良く見えたし、展示タイムも出ている。ここを絡める。計8点16000円。
本日の的中結果
そりゃないよ、瓜生さん・・・(泣き)。12Rは完全に4-1-3できあがったと思っただけに、この取りこぼしは痛い。痛すぎる。節間プラスも見える位置から一気にマイナス20000円へ。ワンターンで天国から地獄を味わうことになった。平常心をいかに保てるかが、2日目以降の課題となりそう。狙い目は悪くないと思っているので、心を落ち着かせて、いざ勝負!
初日は12Rさえ当たればと思ってメリハリをつけて勝負したが、残念ながら不発。それどころか、鳥飼記者に先行されそうになってかなり焦った。よくやった、小野生奈!(鳥飼さん、ごめんなさい)。早く初当たりがほしいが、3日間このスタイルを貫くつもりだ。
2日目は5、10、12Rを狙う。5Rは伸びる(と信じている)藤原菜希と今節追いかけると決めた中島孝平。10Rはエース機のパワーを見せた佐藤隆太郎と吉川元浩。12Rはかなり難解で仲口博崇、山田祐也、笠原亮で三つ巴…かなぁ。勝負は5か10の予定。